【封印映像15 廃墟の死霊】

【封印映像15 廃墟の死霊】


封印映像15 廃墟の死霊 [DVD]

『訴えるもの』

映画祭関係者から送られてきた、とある自主映画。

完成度も高く、審査員の何人かは気に入っていたというが、上映不可能になったその理由とは―。

公式より。

公害をテーマに扱った映像作品にノイズが走り、風景が映り混むというもの。

特殊な処理をすると、さらに別の映像が映り込んでいるのが見つかるんですが、普通は見えないので二重撮りを疑うのが一般的だと思うんですよね。

撮影の後日譚があるんですが、それがなければただの失敗作で終わってしまいそうな内容。

大して面白くもない作品でした。

『寝言』

睡眠時無呼吸症候群の疑いがあるため、夜寝ている自分を記録しようとカメラを設置した投稿者。

そのカメラが捉えた、実に奇妙な光景とは…。

公式より。

睡眠時無呼吸症候群かもしれないため、ビデオカメラで寝ている姿を撮影したという映像。

呼吸が乱れ始めたと思うと、壁のハンガーが動き出し、現われた影が寝ている男性の首を絞めてきます。

男性が何かをつぶやくと、影は消えて、男性は目を覚まします。

影の正体は、どうやら近所にある祠に封印されていた妖怪で、祠が壊されたことで男性に危害を加えてるんだとか。

つぶやきを本人は憶えていないんですが、陰陽道の魔除けの呪文だそうで、祖先の魂が唱えさせたのではという話。

やはり怖くありません。

『空き巣被害』

空巣被害に遭った女性が証拠の為に室内を撮影した映像。

警察とも電話で会話しながら撮ったその映像の中に、ゾッとするものが映り込んでいた―。

公式より。

久々の心霊ものではなく、人間怖い系な気がします。

出張から1日早く帰ってきたら、部屋が荒らされていて、警察が来る前に現場の状況を撮影し始める投稿者。

犯人が隠れてる至近距離で気づかずに電話を受け、警察を迎えに外に出て、合流して戻ると、男が刃物を持って近づいてきます。

逃げ場がないから襲いかかってくるのかと思ったら、予想外の行動をとります。

後日談として、男性は投稿者のストーキングをしていた友人らしいんですが、友人だった相手の顔を晒せる投稿者も凄いよなって思います。

でも、正直これはリアルにあってもおかしくない怖さがありました。

『橋の女』

乗り捨てられた車の中に放置されていたビデオカメラ。

持ち主の手がかりになるかと、中身を確認したところ、衝撃的な映像が収められていた。

公式より。

不動産屋が管理してる土地に車が乗り捨てられていて、車の中にあったカメラで何かわからないかと中身を見たらしい。

内容はカップルが人気のない場所でカーセックスをしようとしていると、女性が何か見えたと言い出します。

はじめは女性がするのを嫌がって嘘を言ってると思った男性でしたが、一緒に誰かがいたという場所に行くと、橋の外で女が手招きを。

慌てて車に戻るふたりですが、エンジンがかからず、白い煙とともに女性が近づいてきて……というもの。

白い煙がドライアイスだとしたら、なかなか大掛かりな気がしますが、CGなんですかね?

橋の外で手招きしてるシーンはそれほどでもないですが、車の中で怯えているところへ迫ってくるシーンは結構怖いです。

突然のダッシュには笑いそうになりましたが。

『廃墟の死霊』

廃墟探訪が趣味という投稿者が、ネットで話題になっていた廃墟を訪れた際に、異様な光景を目にする―。

公式より。

友人とふたりで行った廃墟を探索していると、明らかに新しい風車が大量に差してある場所があり、その時は気づかなかったものの、風もないのに風車が回転しています。

その奥に何かが通ったような映像が映っているんですが、投稿者は気づいていないらしく、後日の調査で赤い透けた子供が歩いているのがわかります。

音声ネタもあり、そちらも後日調査で音響装置を使って調べたところ、撮影している投稿者の背後から声が発生しているらしく、そこには箱に入った子供の写真が。

また、投稿者も製作側も触れてないんですが、実は

もう1点不審なシーンがあったり

します。

特に何もないのに建物の外でトイレやケーブルの話をしているシーンが収録されているんですが、窓から中に人影らしきものが映っています。

その直前には誰もおらず、窓ガラスもないので投稿者が反射しているわけでもないはずです。

きっと再恐スペシャルとかで、再調査のネタにするんでしょう。レビュー系のブログで触れられてないのが謎ですが。

オススメ度

サブタイトルの『廃墟の死霊』より『橋の女』の方が怖かったと思います。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(安定してきちゃった感がなくもない)


封印映像15 廃墟の死霊 [DVD]

コメント

  1. 太公望 より:

    橋の女ですが、怖いというよりヤバい奴を呼び込んだ。と言うべきで
    しょう。
    しかし、あれを笑うなどはいけませんね。
    あのような場面に遭遇したら、本当にやられますよ。
    私も、コンサートを見に行って帰りの駐車場で公園の方を見ていたら
    同じようにジッとこちらを見ている死霊と出くわしました。
    こいつはヤバい奴だ。と咄嗟に気を張って防御しましたが、30分は
    動けなかったですよ。動いたらやられてました。
    やられる。とはあの世に連れ去られる。という意味です。
    気を付けてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました