おすすめホラーマンガ『ま行』

おすすめホラーマンガ『ま行』

魔人探偵脳噛ネウロ

謎を食料とする突然変異の魔人『脳噛ネウロ』。魔界の謎を食らいつくしたネウロは、新たな謎を求めて、人間界へとやってくる。

女子高生桂木弥子は父親を殺された事件の解決をきっかけに、ネウロの協力者となることを強要されるのだった。

それは謎を探すため、女子高生探偵になることで、次々と事件に巻き込まれることになる。

一見、推理モノのようですが、ネウロの能力や道具で無理やり解決出来てしまうため、ほとんど推理要素はありません。

魔人探偵脳噛ネウロ
マジンタンテイノウガミネウロ
松井優征
ジャンプ・コミックス
全23巻

魔女黒井ミサ

魔女黒井ミサ
マジョクロイミサ

マシラ―殺戮の村

マシラ―殺戮の村
マシラサツリクノムラ
-内水融
チャンピオンREDコミックス
全2巻(休載中に別の連載描いてるので、再開不明)
猿に襲われるパニックホラーマンガ

マスターモスキートン

不老不死の力を秘めていると言われるOパーツを手に入れるため、ヒトメボレ家の令嬢イナホは、吸血鬼モスキートンを復活させて『血の契約』を結ぶ。

ワガママなイナホに振り回されながらも、彼女と一緒に暮らす羽目になったモスキートンだったが、Oパーツを探す冒険をすることになるのだった。

マスターモスキートン
マスターモスキートン
作画:磯俣務/原作:あかほりさとる、ねぎしひろし
全4巻

マッドサマースクール

関よしみの短編をリブートした作品。

マッドサマースクール
マッドサマースクール
漫画:合田蛍冬/原作:関よしみ
レビュー
comic死角
全4巻

魔夜子ちゃん

魔夜子ちゃん
マヨコチャン

迷家-マヨイガ- 〜ツミトバツ〜

迷家-マヨイガ- 〜ツミトバツ〜
マヨイガツミトバツ
作画:富士昴/原作:diomedea
裏少年サンデーコミックス
全3巻

真夜中のオカルト公務員

真夜中のオカルト公務員
マヨナカノオカルトコウムイン
たもつ葉子
あすかコミックスDX
連載中

見える子ちゃん

泉朝樹のホラーコメディ。

ある日突然、霊や化け物が見えるようになった女子高生四谷みこ。

ただし、主人公が特殊な能力で霊を祓えるとかいうことはなく、基本的な対処は見えてないフリをするだけ。

一部の例外を除いて、周囲には例が見えていないため、見える子ちゃんとなったみこが大変な思いをしながら難を逃れるのを楽しむマンガ。

見える子ちゃん
ミエルコチャン
泉朝樹
MFコミックス
連載中

未来日記

【花子と寓話のテラー】のえすのサカエ原作のマンガで、様々な『日記』の持ち主が次期神の座を賭け、戦いを繰り広げる。

個性的な能力を持った『日記』や、現実の立場を駆使するため、少年誌的なバトルではなく、駆け引き要素が強い作品。

もっとも、最大の特徴はヒロインが本当にヤンデレ。

未来日記
ミライニッキ
えすのサカエ
角川コミックス・エース
全12巻+外伝3巻

蟲師

様々な怪異を起こす『蟲』たちと、『蟲』を見ることが出来、『蟲』専門の医者かつ研究者、または退治者である『蟲師』の姿を描いた作品。

『蟲師』であるギンコは、『蟲』が引き起こす様々な謎を解き明かしていく。

ちなみに『蟲』とは虫ではなく、精霊や妖怪、幽霊のような存在で、原作者である漆原友紀による創作。

蟲師
ムシシ
漆原友紀
アフタヌーンKC
全10巻+番外1巻

冥婚の契

冥婚の契
メイコンノチギリ
詩原ヒロ
MAGBOX
全4巻

魍魎の匣)】

【百鬼夜行(京極堂)】シリーズの第2作で、『匣(はこ)』にまつわるストーリー。

中野の古本屋『京極堂』の主人で拝み屋でもある中禅寺秋彦(ちゅうぜんじ あきひこ)が主人公なはずですが、基本的に何もかもわかっているような風なので、後半まで何もしないという変わったアニメ。

実際問題、事件に関わった他の人物たちがそれぞれ右往左往しているだけで、あんまり外に出ることがありません。ある意味では安楽椅子探偵に近いかも。

このシリーズでは、美少女が殺された事件や、『匣』に固執する男、箱に穢れを封印するという宗教、『匣』のような研究所が絡み合い、それに中禅寺の関係者が巻き込まれていくというもの。

美しく描かれていますが、リアルに考えると、なかなかにエグい作品。

魍魎の匣)】
モウリョウノハコ
作画:志水アキ/原作:京極夏彦
怪COMIC
全5巻

魍魎の揺りかご

三部けいのサバイバルホラー。修学旅行中の高校生たちの乗る船に突如現われた殺人鬼。殺人鬼は乗客たちを殺し続け、生徒を守ろうとした教師が頭部を破壊したにも関わらず、殺戮を続ける。

謎の揺れが続く中、逃げ惑う乗客たち。先ほどまで逃げていた者まで殺人鬼になり、誰を信じていいのかわからない状況が続き、生き残った者たちにも変化が現われ始める。

話が進むに連れ、協力して逃げる者、恐怖で徒党を組む者、状況を打開しようとする者。様々な人物の限定した視点から描かれるため、誰かの行動が他の人物に影響を及ぼす等読みにくい展開。

唐突な言動や展開も少なくない上、一切の説明がなく、登場人物の想像でしか語られていないので真相はいまだ不明です。3巻の時点では何故殺人鬼が大怪我をしても動けるかくらいしかわかっていません。

魍魎の揺りかご
モウリョウノユリカゴ
三部けい

モンキーピーク】シリーズ

モンキーピーク】シリーズ
モンキーピーク
作画;粂田晃宏/原作:志名坂高次/dd>

ニチブンコミックス
モンキーピーク】シリーズ

猿に襲われるパニックホラーマンガ

モノノ怪モノノけ)】

【怪 ~ayakashi~ 化猫】の続編。

前作に続いて、謎の薬売りが主人公で、近世(江戸時代)の日本をモチーフにした世界(ただし、最後のエピソードのみ近代)を舞台に、『座敷童子』、『海坊主』、『のっぺらぼう』、『鵺(ぬえ)』、『化猫』という5つのエピソードがオムニバス形式で描いています。

モノノ怪モノノけ)】
モノノケ
作画:蜷川ヤエコ/原作:怪 〜ayakashi〜 製作委員会
コアミックス

MONSTER)】

天才的な技術を持つ日本人脳外科医Dr.テンマは、院長の娘と結婚も決まり、外科部長から院長への出世コースを歩んでいた。

しかし、ヨハンという頭部を銃撃された少年の手術をしたことをきっかけに、出世コースから外れてしまった上、8年後に現われたヨハンのために、殺人の濡れ衣を着せられてしまう。

自らの責任を感じたテンマは、逃亡犯となりながらも、ヨハンを射殺するためにヨハンの双子の妹アンナを探す旅に出る。

MONSTER
モンスター
浦沢直樹
ビッグコミックス
全18巻
タイトルとURLをコピーしました