【樹海村】


樹海村 [Blu-ray]

関わった者は死に至り、家系も途絶えてしまうと伝えられる呪いの箱・通称「コトリバコ」が、富士の樹海の奥深くに封印される。

それから13年後、天沢鳴(山口まゆ)と妹・響(山田杏奈)の前に、あの禍々(まがまが)しい呪いの箱が姿を現す。

それ以来、姉妹の周囲で異変が起こり始め、樹海で消息を絶つ者が続出。

やがて、その箱がもたらす凶悪な呪いが連鎖していく。

シネマトゥデイより。

【犬鳴村】に続く【実録!恐怖の村】シリーズの第2作。

時系列としては、【犬鳴村】より後のようですが、大谷凜香演じる西田明菜がYouTuberのアキナとして登場しているため、扱いとしてはパラレル設定。

ストーリーは國村隼演じる出口が自殺しようとしてたと思われる女性とともにふたりのこどもを発見、保護する。

それから数年後、表記はされなかったと思いますが、13年後が舞台。

予告編を見た感じだと鳴と響の姉妹が動画配信のリスナーたちと樹海へ樹海村を探しに入るような印象を受けます。

そのため、話は樹海で進行するように思えますが、実際はそうでもありません。

現在は時系列があやふやなまま進むんですが、アキナが配信中に行方不明になり、それを探しにいくリスナーのグループと、鳴と響の姉妹とその関係者のグループで話が進みます。

ただし、予告のイメージとは違い、

姉妹の関係者の方がメイン

です。

というか、ネットのグループの方は樹海に入った後のシーンと、彼らの行く末くらいしか出てきません。

実際のメインである姉妹の方ですが、妹の響はひきこもりのネット廃人で、姉の鳴に輝と美優の引っ越しを手伝うことに。

映画を見ている間はてっきり夫婦だと思っていたんですが、キャスト紹介では名字が違うのでまだ結婚はしていないようです。

鳴はどうやら輝に想いを寄せているか、三角関係だったようなんですが、寺の息子の貴と付き合っています。

輝と美優の新居で作業中、家の下に謎の空間があるのに気づき、黒い箱を発見。

その後、次々と不可解なことや、不幸が起こっていくという展開。

ネタとしては、都市伝説の【コトリバコ】と【樹海村】のふたつを扱っていますが、個人的には自分の知っているものとは似て非なるものという印象でした。

ただ、邦画のホラーとしてはよくあるアイドルホラーでもなければ、わけのわからないB級作品ではなく、どちらかというと洋画ホラーに近くておもしろい。

どういうことなのかわかりづらいシーンもありますが、緩急がついていて、油断しているところで突然の展開が起こるので飽きにくいんですよね。

ショックシーンも見えないようにしているわけではないですし、起こっていることはえげつないんですが、どことなくマイルドで、目を背けるようなシーンはありませんでした。

なので、夜中に暗い部屋でひとりで見る分には怖いかもしれませんが、映画館や昼間に見る分には怖過ぎて見れないということはないと思います。

エンドロール途中に後日譚がありました。

人間像もリアルな感じが強いのも特徴かも。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(邦画ホラーとしてはかなりおすすめしても許されると思う作品。)


樹海村 [Blu-ray]

コメント

タイトルとURLをコピーしました